FWAP Fukuoka Wall Art Project

総評

本プロジェクトの受賞作品には、アートフェアでの展示販売と仮囲いへの掲出というふたつの発表の場が供される。そのため審査では異なる評価基準を並列させる必要があり非常に苦慮したが、そのいっぽうで選ばれた作品はどれも、(表面的な発表の場に囚われない)根幹的な作品の強さと何より福岡への愛着を感じさせるものとなった。

先達を振り返ろう。1950〜60 年代に前衛芸術グループとして活動した九州派は、福岡県庁の外壁で展示を行ったのが結成のきっかけとなっており、以降、知られるよう にその熱量で美術界を挑発し続けた。いまでこそ全国的に開催されている都市型芸術祭だが、福岡で1990 年代を中心に展開された「ミュージアム・シティ・プロジェクト」は都市の活性化にアートを取り入れた試みとしてかなり最初期のものだった。

2021 年、ニューノーマルが謳われ文化芸術のあり方もまた問われている時期に「Fukuoka Wall Art Project」が企画されたことは、こうした先人を踏まえると新たな都市と芸術のあり方を模索する試みとなっていくことを期待させる。香港が政治を背景に表現活動の場として困難になりつつあるいま、アジア文化の交差点として多様性を受け入れ熱く楽しむ県民性を持つ福岡は、(グローバル都市の東京や大阪とはま たちがう)重要な 発着場 となる可能性を秘めている。変化をポジティブに捉え、福岡を元気づけようと表出した作品たちを見て、そんな期待を再確認した。

優秀賞選評

「光」:佐野 直

抽象的なタッチによって多様な解釈や感情をおおらかに受け止める作品。コロナ禍で消えてしまった街灯を顧み、再び博多の夜が活気にあふれることを祈る。

「記憶される記録」:鳥越一輝

表情豊かなマチエールによって抽象度と力強さを兼ね備えた、多くの人に実物を鑑賞してもらいたい作品。九州派の系譜も感じさせ、本プロジェクトでどのようにまちに受け入れられるかも期待される。

「F-CITY」:Marumiyan

キャッチーで軽やかな作風でありながら、一つひとつ丁寧に福岡の魅力が描かれた作品。日本人からアジア人、宇宙人や動物と、福岡が包摂する多様性を非人間にまで拡張しようとするスケールの大きさも感じさせる。

「Overlapping Landscapes」:山室淳平

中国に端を発する山水画を日本の漫画表現を引用しながらデジタルの如く平面化した、多彩な表現技法をスムースに消化した作品。仮囲いに大型出力されることで再び奥行きを取り戻すとき、どのように見えるかが楽しみだ。

「Sleep in」:弓指 貴弘

色彩と輪郭線の非リンクによって、分人として複雑に生きる人間を表現している。天神ビッグバンで仮囲いに覆われる福岡もまたその機能と輪郭線を再構築しようとしており、本作が壁面に掲出されることによって、まちの可能性を問い直すだろう。

チーフディレクター 田尾圭一郎

Fukuoka Wall Art 賞
受賞作品一覧

優秀賞

(掲載五十音順)

優秀賞

「光」:佐野 直

優秀賞

「記憶される記録」:鳥越一輝

優秀賞

「F-CITY」:Marumiyan

優秀賞

「Overlapping Landscapes」:山室淳平

優秀賞

「Sleep in」:弓指 貴弘

入賞

(掲載五十音順)

入賞

「All living things have meaning」:井上 愛理

入賞

「CHAEKGEORI、韓国屏風に描かれた力と楽しさ」:IM DONGHWAN

入賞

「それぞれのトーラス 〈みっつのスマイル〉」:オーギカナエ

入賞

「ハコブネ来福」:柏木 菜々子

入賞

「変わらぬ風景—街路樹」:加藤 恵

入賞

「光の集積~記憶の遠近法より」:神園 宏彰

入賞

「星座王のアトリエ」:画駱駝柑子

入賞

「鏡」:銀ソーダ

入賞

「Rose Samurai」:三反 栄治

入賞

「あなたが怖くないように」:しまうち みか

入賞

「森の入口」:瀬戸口 朗子

入賞

「ふきよせ」:立木 美江

入賞

「Between You and Me #18」:坪山 小百合

入賞

「不在/Absence」:遠山 裕崇

入賞

「そこにいきづくものたち」:トーフ サラダ

入賞

「Your city is yours」:Tomohiro Hanada

入賞

「来福」:内藤 清加

入賞

「ここからまたはじめよう!/Let's get started again! From here now.」:本多 孝男

入賞

「縁起」:maruu

入賞

「肯定と否定」:南 健吾

入賞

「パキスタン壁画プロジェクト」:ミヤザキケンスケ

入賞

「糸島慕情」:迎井 貴治

入賞

「LOVE!」:村上 信理

入賞

「station」:村田 優希

入賞

「Dino street」:わだ さくみ

募集期間は終了しました。
たくさんのご応募ありがとうございました

Fukuoka Wall Art 賞
「アート作品」募集中。

福岡市を拠点に、絵画、デジタルアート、ライブアート、イラスト、写真等の
美術分野で活躍するプロのアーティストを対象に、「アート作品」を募集します。

対象アーティスト

  • 福岡市在住、または福岡市を拠点に、絵画、デジタルアート、ライブアート、イラスト、写真等の美術分野で活動するプロのアーティスト
  • 継続して制作活動を行っており、対価を得て、展覧会、イベント等を行った実績や販売実績があること

Fukuoka Wall Art 賞

優秀賞 5作品(賞金 30万円)

入賞 25作品(賞金 3万円)

(上記のほか、作品の発表等の場を提供します。詳細は、「開催概要」をご覧ください。)

募集作品(1人または1グループにつき、1作品のみ)

作品のイメージ

福岡の人やまちに力を与えてくれる創造性に富んだアート作品を募集します。

作品サイズ

B2サイズ程度(原画を拡大し、装飾用シート張りによる仮囲いや壁面への掲出を想定したサイズの目安です)

対象作品

  • 応募者自身が制作したもの(共同制作可)で未発表作品
  • アクリル画、水彩画、油絵、デジタルアート、イラスト、版画、写真等の平面作品

事前エントリー受付(終了しました)

沢山のアーティストの皆様からのFukuoka Wall Art 賞への事前エントリー、ありがとうございました。

アート作品募集・受付期間

令和3年8月10日(火曜日)~令和3年9月4日(土曜日)まで(必着)

アート作品等提出先メールアドレス:info@fwap.jp

応募書類

Fukuoka Wall Art 賞 アート作品公募に関するQ&A

審査結果発表

令和3年9月10日(金曜日)頃 (※予定)
※「優秀賞」及び「入賞」を受賞された方のみに、9月10日頃までに、応募の際にご登録いただいた電話番号もしくはEmailアドレスにご連絡させていただきます。
※審査結果発表の日付は変更になる場合があります。予めご了承ください。

アート作品募集

審査結果発表

受賞作品展示・販売

AFAF2021連携企画(博多阪急)にて展示・販売

福岡市内にて作品掲示予定

お問い合わせ先

Fukuoka Wall Art Project 運営事務局

E-mail:info@fwap.jp

TEL:050-3557-4889(平日10時00分~16時00分)